心の景色 * 散 歩 道 * Movie!!
観た映画メモっとこ♪ 映画って本当に面白い!色んな人生が私のもの

Big_kirakira_5

Big_kirakira_5



ジャンル:サスペンス
製作年:2017年  製作国:日本
監督:吉田照幸
出演者:大泉洋 / 松田龍平 / 北川景子 / 前田敦子 / 志尊淳 / リリー・フランキー
上映時間:122分







ある日、高田(松田龍平)が探偵(大泉洋)に、行方不明になった大学生の麗子(前田敦子)の捜索話を持ってくる。調査を進めていくと、彼らはモデル事務所の美人オーナー・マリ(北川景子)にたどり着く。探偵と高田はミステリアスなマリに振り回されるうちに、やがて大きな事件に巻き込まれ……。



    

シリーズ最低かなぁ。物語がつまらないし・・
監督が変わったからでしょうか。。。




大泉洋さんは、あくまでも「大泉洋」

松田龍平さんのあの長い手足を少しもてあますようにしてふわふわと歩く姿にヤラレます。

北川景子さん出演の映画で一番印象に残っているのは「ルームメイト(2013)」です。

リリーさんは凶悪犯が似合います。狂気的な表情に震えました。

ラスト
探偵 「自分の子ですらねーのかよ(涙)」
生き甲斐がそれってどれだけ悲しいんだ!と思わせたかったんでしょうか?
全く感情移入できませんでした。

エンドロール後、笑撃のシーンが用意されています。
アレだけネタ振りしてあったので楽しみにしていました。

このシリーズ、続いていくんでしょうか?




     
【探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013)】





ジャンル:ドラマ
原題:MOTHERS AND DAUGHTERS
製作年:2016年  製作国:アメリカ
監督:ポール・ダドリッジ
出演者:セルマ・ブレア / スーザン・サランドン / シャローン・ストーン / コートニー・コックス / クリスティーナ・リッチ / ミラ・ソルヴィノ
上映時間:92分




女性カメラマンのリグビーがカメラのファインダー越しに撮影してきたマンハッタンでは、日々様々な人生が送られていた。子離れできないキャリアウーマン、秘密を抱えた姉と妹、里子に出していた娘から突然連絡が来て会うべきか悩む女性、疎遠だった娘にいきなり大金をせがまれて困惑する主婦…。そして、妻子ある男性と別れたばかりのリグビーの身にも思いがけない妊娠が発覚。カメラ越しに撮り続けていた視点を自分自身に向ける時が訪れる。人生の転機に直面した女性たちは、果たしてどのような生き方を選ぶのか…?



    

【未体験ゾーンの映画たち2018】

原題の“MOTHERS AND DAUGHTERS”そのままの物語です。
ストーリーが並行して進むので、最初は誰が誰なのかを把握するのに時間がかかりました。

コミュニケーションを取るツールとしてやたらFaceTimeによるシーンだ多かったんですが、
アメリカでは普通のこと?








いつも一番に子供のことを考えていて、どんな時も側にいてくれる。それが母親なんです。
子供も一番最後に頼ったり、甘えられるのは、やはり母親なんです。
日本人にはマネしづらいスキンシップですが羨ましいかも?!

豪華キャストを見るだけでも楽しめます。


※もうすぐ父の日
お父さんのことも忘れないで下さい。143039.gif




2018.06.13 ザ・タンク



ジャンル:サスペンス
原題:THE TANK
製作年:2017年  製作国:アメリカ
監督:ケリー・マディソン
出演者:マーガリート・モロー / ブラッド・ウィリアム・ヘンケ / クリストファー・レッドマン / ジャック・ダヴェンポート
上映時間:85分






2012年、NASAは地質学者ジュリア・マイヤーズ、社会学及び人類学者のトム・ジェイソン、元空軍パイロット、ウィル・サックス、医用生体工学士ルーク・ミレンズ、医学博士ネリー・ルーガン、元海兵隊員デーン・ハンカードに招集をかける。彼らは宇宙での任務のため、南極に作られた“ICE-SAT5”というタンク施設に入る。そこで厳しい訓練が行われるが……。



 

“未体験ゾーンの映画たち2018”



この6名が、471日間、日光や新鮮な空気を奪われ外部との接触のない空間で共同生活を送ると。

しかし、実は火星への探査計画などは無く機関の予算の余剰金消費のために形だけで計画された訓練で、ほぼ全滅というネタバラシから始まり、責任者2人の査問会の場面と乗組員の様子がNonlinear narrative形式で進んでいきます。

非常事態にどこまで耐えられるか測定する目的とやらで、いきなり停電にして(酸素の供給が停止!)極限状態に近い環境下でも結束力を維持できるかのテストをしたりするんです。





長時間拘束が精神に及ぼす影響として、引きこもり、興奮傾向、衝動制御障害、理由のない怒り、被害妄想、精神障害、幻覚などが出るそうです。人命を弄んだ計画です!

お決まりの“もめごと・いがみあい”があり、あっという間に時が過ぎていき、(めちゃ速足なんですよね)結局ことが起こるのは、ミッション終了予定の直前。

麻酔無しでの片足切断などというグロ描写をあえて入れなくてもよかったと思うんですが。

結局、生き残ったのは1人。

全くもって物足りない作品でした。

“当たり外れ”が大きい「未体験ゾーンの映画たち」
“外れ”が圧倒的に多いですけど(苦笑)





ジャンル:ドラマ
原題:GIFTED
製作年:2017年  製作国:アメリカ
監督:マーク・ウェブ
出演者:クリス・エヴァンス / マッケナ・グレイス / リンゼイ・ダンカン / ジェニー・スレイト
上映時間:101分






生まれて間もなく母親を亡くした7歳のメアリーは、独身の叔父フランクと片目の猫フレッドと共に、フロリダの小さな町でささやかながら幸せな毎日を送っていた。しかし、メアリーに天才的な特別な才能が明らかになることで、静かな日々が揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクのもとに、フランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すため2人を引き離そうと画策する。母の画策に抵抗を続けるフランクには、亡き姉から託されたある秘密があった。



 

この映画は、世界的にもたぐいまれなる数学の才能を持ったメアリーに子供としての普通の生活を奪ってまでも英才教育を施すべきなのか?
それとも逆に、そのたぐいまれなる才能を台無しにしてしまうリスクを冒して普通の生活をさせるべきなのか?
親権を担う保護者(メアリーからみたところの叔父さんと祖母)の立場としてメアリーに対して、どういう教育、生活環境を与えていくべきか、という究極の選択を目の前に出すところから始まります。




祖母が、メアリーに解かせたい問題がナビエーストークス方程式というもの。

なんですか?これは?
数学の天才でいることが、どんな感覚なんでしょう?




しかし、通っている地元の公立小学校では、1+1=2
まぁ・・こりゃ確かに苦痛でしょうね。




祖母 「普通に扱うのは育成の怠慢だわ」「あの子の才能を潰すことになる」
   「才能は伸ばすべきよ」「偉業に多少の犠牲は付き物」





叔父 「山ほど家庭教師をつけて、どこかのシンクタンクで一生年寄りたちと過ごさせる?」


メアリーを演じるマッケナ・グレイスちゃんが可愛らしくって演技がホント凄いんです!
天才の心と天才の頭脳をもった7歳の女の子という役を見事に演じるんです。
天才にしか見えないんです。


― ツボにハマったシーン ―



自分の事を助け、褒めてくれたメアリーを見て微笑んだ男の子に対して

メアリー 「感情を抑えて」

もう、最高です!!





フランクの最後の最後の選択で、メアリーの笑顔を守れてよかったです。
本当の幸せですね。
素直に感動して、素直に泣けました。
このDVDを手に取って本当に良かったです。





ジャンル:SF
原題:THE RIZEN
製作年:2017年  製作国:イギリス
監督:マット・ミッチェル
出演者:ローラ・スウィフト / パトリック・ノウルズ / クリストファー・タイア / トム・グッドマン=ヒル
上映時間:106分






地下深くの実験施設で目覚めたフランシスは記憶を失っていた。彼は同じく記憶を失ったボウマンと地上を目指し、怪物と戦いながら施設からの脱出を試みる。



     

TSUTAYAで「新作を含むDVD、ブルーレイ全品100円(税抜)」キャンペーンだったので
新作を4本レンタルしたうちの1本です。

な、なんなんですかコレは?
久々に地雷を踏んでしまいました。 ドカーン!!

一体何の実験なのか等、全てにおいて意味不明だったので、ネットでストーリーを詳しく調べたら「NATO地下基地で、無限の力を手に入れようと異次元との扉を開くオカルト実験が行なわれた」と。 そうなんだぁ。。。




で??この怪物たちはオカルト実験での犠牲者?
めちゃくちゃ雑な造りです。





一様に目は見えない・・と、いうか目が無い。




ラストは蜘蛛みたいな超巨大宇宙人が地球にしがみついていて
「我々は世界をむさぼる存在」 「この世界も我々のもの」 と言っています。 

異次元との扉が開いたが為に宇宙人に侵略されてしまい、
その扉を閉じる為にフランシスは生贄として志願していたでいいんでしょうか?
あぁ・・観たことを早く忘れたい。